理念

法人理念

我々は医療人としての本分をつくし
人々の保健・医療・福祉の充実向上をはかり、
健康で明るい社会作りに貢献することに努める

ごあいさつ

 医療法人晴風園は、昭和25年猪名川町の今井病院に始まり、今日、伊丹せいふう病院、阪神リハビリテーション病院、杉生診療所、介護老人保健施設「せいふう猪名川」、「ふれあい大島」、「せいふう若葉」、グループホームせいふう北田原、訪問看護ステーション「せいふう伊丹」、「せいふう猪名川」、居宅介護支援事業所「せいふう猪名川」、「ふれあい大島」、「せいふう若葉」を、猪名川町北部地域から伊丹市までのそれぞれの地で展開しています。

 私たちの使命は、職員すべてが一丸となって、急性期病院からの患者さまをすばやく、最大限お引き受けし、在宅復帰へと結びつけることです。結果として急性期病院に、さらに多くの救急の患者さまを受け入れていただけることになります。お引き受けした患者さまには、可能な限り自宅への退院をめざしサポート致します。自宅への退院が困難な方もおられますが、その方なりの過ごしやすい場所を、院内全職員がチームワークを発揮し、全力でさがします。そして法人内のみならず、地域の病院、医院、介護施設、訪問看護、介護、ケアプランセンターとの連携のもと、“地域包括”の形で実現していきます。

 医療・介護をとりまく環境は常に変化しており、個々の患者さまごとに解決しなければならない問題は違いますが、私達は常に温かい心と手で、皆様の幸せな日々を確立すべく努力していきたいと考えています。

理事長写真

医療法人 晴風園
理事長 植松 正保

ページトップへ