セラピストの声

作業療法士

イメージ

作業療法士
永田さん
今井病院
平成25年

大学院生でありながら作業療法士。
学びたい姿勢があれば、支持してくれる環境があります。

作業療法士という職業に、母の知人から現場での話を聞き、生活に密着している仕事が面白そうだと感じて興味を持ちました。当院には大学院に通いながら働ける現場のため、こちらで働くことを決めました。もともと先輩が就職していたことから、自分の時間を持ちながら働ける病院だと聞いていたので、大学の勉強にも集中できています。
業務では、「パーソンセンタードケア」と言って、リハビリスタッフが行いたいことをするのではなく、患者さま中心となるケアを心がけています。例えばお手洗いのマークや赤や青などの男女区別の色を、年配の方はだんだんと理解ができなくなります。そんな時は同じ目線になって見えるものが何か、どんな気持ちでいるかをその人の立場となり考えています。
やはり忙しいと日々の仕事は受動的になりがちですが、自分から学びたい姿勢があれば応援してくれる病院です。スキルアップを目指したい方は、ぜひ当院を選んでください。

イメージ

作業療法士
片岡さん
阪神リハビリテーション病院
平成30年入職

一番のやりがいは、回復された患者さまの笑顔!
先輩方のサポートのおかげで不安なく働けています。

学生の頃に祖父がお世話になったことで、作業療法士に憧れました。現在は夢を叶え、日々患者さまとリハビリに励んでいます。リハビリを通して患者さまの「できなかったこと」が「できること」に変わったとき、とても大きな喜びを感じます。そして、それにより引き出せた患者さまの笑顔が、私の一番のやりがいになっています。
当院を選んだ理由は、回復期療養に興味があったことと、自分を育ててくれたこの地域に貢献したいという思いがあったからです。また、経験豊富な先輩方がそろっておられ、不安なく働けると思ったことも大きな理由です。実際、困ったことはすぐに相談でき、的確なアドバイスもいただけています。
当院の強みは、例えば、在宅復帰を見据えた患者さまにはADLハウス(実際の家のような空間)を使用した動作練習をしたりなど、一人ひとりに適したリハビリが提供できることです。ほか、医師や看護師、作業療法士など他職種でチームを組んで患者さまをサポートするのも特徴です。常に意見交換や相談をし、さまざまな視点から患者さまの状態を知った上でリハビリを行なっています。
今後は、今以上に他職種の方とコミュニケーションを図り、より信頼される作業療法士を目指します。

理学療法士

イメージ

理学療法士
養覚さん
今井病院
平成28年入職

子育てに最適な職場環境が整っており、
猪名川の自然に癒されながら働けます。

大阪から引っ越して地元に戻って来ました。子どもがいる為、車で通勤できる施設を探していたところ、当院の理学療法士募集を「求人サイト」で見かけて応募しました。土日祝日に休むことができ、子育て中心での融通を利いてくれます。また、子どもが急病になった時、家庭の急用の時には、ママさんスタッフ同士が助け合いながら働いています。
業務では患者さまに点滴をされている方、褥瘡(じょくそう)のある方が多いので、皮膚を傷つけないようにケアにあたるなど、常に「リスク管理」を行いながらケアにあたっています。今は当院に入職したばかりで自分のころで精一杯な時期ですが、今後は訪問リハビリテーションにも行ってみたいという目標があります。周囲は森に囲まれた閑静な場所で、景観も美しいです。患者さまと自然に癒されながら一緒に働きましょう!

イメージ

理学療法士
平山さん
伊丹せいふう病院
平成25年入職

理学療法士として患者さまと地域のために。
自分の力を試すことができる病院です。

高校生のときに部活で足の怪我をして、リハビリを通して理学療法士という職業を知りました。自分でも患者さまの怪我や病気の快復、社会復帰に役立ちたいと思い、この仕事に就く決心をしました。15年間別の病院で働いていたのですが、当院に就職して、初心に戻る気持ちでもう一度、理学療法士として患者さまや地域のために何ができるかを考えてみたかったんです。そこで、自分の力を試したいと思い、入職を決めました。
病院ではカンファレンスというミーティングを、患者さまに携わっているスタッフと行い、意見交換をする場があります。患者さまのことを考えているからこそ、真剣に意見を言いぶつかり合うこともありますが、情報を共有してスタッフ同士の連携を取ることで、よりよいリハビリを提供できるのです。また、患者さまとの会話も大切なので、患者さまの日々の微妙な変化に気づけるように自分自身でも感覚を磨くようにしています。
専門職種のスキルアップとともに、回復期リハビリテーション病棟の一員としてチームアプローチを成熟させて行きたいと思っています。その為にはチームのコミュニケーションが今以上に円滑に行くかなどを考え、意見交換する場を設けたいです。コミュニケーション能力に自信がなくても先輩スタッフが意見を言いやすい環境作りをしているので、安心して当院に来てください!

求人検索

ページトップに戻る