メッセージ

晴風園で一緒に働いてみませんか?
各事業所の管理者から、求職者のみなさまへのメッセージ

今井病院外観イメージ今井病院別ウィンドウで開きます

イメージ
看護部長
溝口 宏美(みぞぐち ひろみ)

“人の温もりを大切にした「愛のある病院」を理念としています”

 今井病院は猪名川渓谷自然公園の清流に屏風のようにそそり立つ屏風岩の上にあります。緑豊かな環境で、自然が織り成す四季折々の花や木が季節の移り変わりを感じさせてくれます。
当院は慢性期医療病院で地域や急性期病院からの患者さんを受け入れ在宅復帰または長期療養を役割とした病院です。
 地域住民の方々、今井病院を選んで入院して頂いた患者さんやご家族さまと信頼関係を築き、安心して療養して頂けるように安全で快適な療養環境を提供することと、気持ちの良いあいさつと笑顔を忘れず看護、介護サービスにあたることを心がけています。

<看護部基本方針>

  1. 医療ニーズの高い長期療養患者へ対応します
  2. リハビリテーション看護・介護の視点で患者の日常生活向上のため、統一した看護を提供します
  3. 患者さんのその人らしさを尊重し、安全で安心できる療養環境を提供します
  4. 他部門と連携をはかり、患者さん中心のチーム医療をおこないます
  5. 専門職として責任と自覚を持ち、自己研鑽に務めます

<看護部教育方針>

患者さんに信頼される安全で安心できる看護ケアを実践する為に、専門職業人として高い知識と性能を持ち、適切な判断ができる力を養い、笑顔を忘れず適切な言葉遣いや立ち居振舞いができる看護職員を育成します。

子育て(院内保育所あり)中の若いママさんスタッフからベテランスタッフ(定年後の再雇用制度あり)と幅広い年齢層が働いています。気持ちの良いあいさつと笑顔のある職場で患者さまとご家族に寄り添ったケアやサポートが出来るよう取り組んでまいります。

ページトップ


イメージ
リハビリテーション部科長
小城 遼太(こしろ りょうた)

 当院は、きめ細やかなリハビリテーションを実施する事を重要視し、ご本人及びその周りの方も幸せになれるようなリハビリテーションアプローチを心がけています。その為には、CURE(治療・治癒・救済)とCERE(介護・配慮・心遣い)の多方向の視点を持った多職種共同のチームアプローチが必要です。これについて部署間を越えた情報交換を積極的に行っています。
 回復期~在宅・生活期・終末期の流れの中で、1人のセラピストとして、リハ対象患者様と共に何ができるか、日々、奮闘しています。
 専門性を高める為の研修会・学会、地域でのセラピスト連携の為の各職種地域ブロック研修会、等の外部研修への参加を行っています。また、各セラピストの得意分野などや外部研修の職場内伝達を院内研修として、行っています。
 今後、地域におけるリハビリテーションの推進が進められる事が予測され、患者様が地域の中でどのように生活を送っていけるのか、当院セラピストが積極的に動けるように働きかけていきます。
 一人ひとりのリハビリスタッフが自らの知識・技術・やさしさを持って、関わる方の人生を楽しんで過ごして頂くかを共に考えて下さる方。ぜひとも、当院のスタッフとして一緒に働いてみませんか。

ページトップ


イメージ
事務部長
上阪 秀雄(うえさか ひでお)

 猪名川エリアにおける病院・施設は、平成30年4月に大きな転換期を迎えました。
 今井病院においては、病床機能・病床数の変更、併設する介護老人保健施設においては、名称変更、80床から120床へ増床いたしました。また、80床の介護老人保健施設と18床のグループホームを新設いたしました。
 当法人の方針であります、「じっくり療養」を緑豊かな自然環境の中で入院・療養生活を送っていただき、「しっかり回復」するためにリハビリテーションを積極的に提供させていただき、住み慣れた「やがてはお家へ」帰れるよう継続・連携した医療・介護サービスを提供したく考えます。
 チームワークを発揮し、常に質の向上に心掛け、地域の方々から信頼され、親しまれる病院・施設創りに一緒にご協力いただける方をお待ちしております。

ページトップ


伊丹せいふう病院外観イメージ伊丹せいふう病院別ウィンドウで開きます

イメージ
看護部長
寺内 孝子(てらうち たかこ)

≪看護部理念≫

一人ひとりのこころと身体をささえる看護

≪基本方針≫

  1. 目くばり・気くばりを行い、患者・家族が笑顔になる看護をおこないます
  2. 根拠に基づいた質の高い看護をおこないます
  3. 専門職としての責任を自覚し、自己研鑽に努めます
  4. 多職種と連携をはかり、患者を中心としたチーム医療をおこないます
  5. 地域の方々の健康の維持・増進の手助けをします

≪キャッチフレーズ≫

地元を愛し、地元に愛される

 当院は2013年4月、地域に根差した病院を目指し開院いたしました。
当院のキャッチフレーズにもあるよう在宅復帰に力を入れ地元の方に選んでいただける病院になるように努めてまいりたいと思います。
 患者様だけでなく介護をされているご家族のこころと身体を支える事でそれぞれの生活の質を高める事ができます。心と身体は車の両輪と考え、私達はその両輪を支えられるよう「住み慣れた地域でその人らしく生きる」ことを一緒に作っていける看護を提供したいと考えています。
そのために、受け持ちの看護職を中心に多職種で連携し、チーム医療を展開しています。
チームで協働することが看護のやりがいや楽しさにも繋がると考えているからです。
 地域と当院が太いラインで結ばれるよう急性期病院・診療所・介護施設・訪問看護ステーションとも連携し、「患者様・ご家族に」「地域の皆様に」「地域の病院に」「職員に」選んでいただける病院を作り、人を大切にする信頼される看護を目指したいと思います。
 そのためには、職員の支援も必要です。看護職員として成長するために2019年度からはクリニカルラダーを導入し、キャリアアップを支援していきます。
 多様な雇用形態の導入や、院内保育所の設置など職員が働き続けられる環境を作り、子育てや家族の介護等様々な事情を抱えているスタッフも長く働き続けられる病院にしたいと考えます。

ページトップ


イメージ
リハビリテーション部科長
高野 博之(たかの ひろゆき)

<理念>

あたたかいリハビリテーションに真摯な姿勢で取り組みます。

<基本方針>

  1. 個々の患者さんに合わせた良質なリハビリテーションを提供します。
  2. 患者さんが中心となったチームアプローチを重視します。
  3. 地域との連携を深め、スムーズな在宅・社会復帰を目指します。
  4. スタッフの知識・技術の向上に励みます。

 平成25年4月にオープンした回復期リハビリテーション病棟、医療療養病棟の入院機能を主体とした病院です。私達は患者さんを主体としたリハビリテーションを提供するため、各専門職種がチームとして一体となり、心身機能、生活機能、生きがいを取り戻し、最適な状態で在宅・社会復帰出来るよう取り組んでいます。そのためには、セラピスト個々の高いスキル、リハビリテーションチームとして高い組織力が必要になります。リハビリテーション部では、セラピストのスキルアップのために実践を重視した新人教育をしています。具体的には、チーム制、プリセプター制を導入し個々に対する指導・アドバイスを行っています。また、チームとしての力が発揮できるよう、チームミーティング、カンファレンスで方針・目標を検討、情報を共有してチームが一体となってサービスを提供しています。
 生活期との連携に力を入れており、病院と訪問リハビリテーションのセラピストが退院前から福祉用具・住宅改修計画等に関わり、退院直後に短期集中の訪問リハビリテーションを実施し、患者さんの自己実現、安定した生活を取り戻すお手伝いをしています。
 私達の仕事は、リハビリテーションサービスを通じて患者さんの生活や人生を左右する重要な役割があります。患者さんの疾病や障害にだけ目を向けるのではなく、一人の人間として向き合い、患者さんが望む豊かな生活を取り戻すための支援が出来るセラピストを求めています。

ページトップ


阪神リハビリテーション病院外観イメージ阪神リハビリテーション病院別ウィンドウで開きます

イメージ
リハビリテーション部副部長
菊井 将太(きくい しょうた)

リハ部理念

あつく 心に寄り添うリハビリテーション

リハ部基本方針

  • 一日の運動量を最大限にし、ADLの自立を第一に目指します。
  • リハプログラムはADLの向上に直結するものとし、患者さまお一人おひとりの目標と難易度に応じて立案します。
    (特殊手技や科学的根拠のない手技は用いません。)
  • 早期から積極的な反復練習を行い、廃用予防と機能回復、生活の質の向上に努めます。
  • 退院後の生活をイメージし、院内外の多職種と連携します。
    また、最適な住宅改修や福祉用具を提案します。
  • 接遇は笑顔と敬語を基本とし、わかりやすい言葉で対応します。
    いつも謙虚に患者さまの価値観に寄り添うようなコミュニケーションを心がけます。

世間には、様々なリハビリテーションが存在しております。
その中で当院は、理念と基本方針に沿い『科学的根拠に基づいたリハ』を提供し、患者さまと一緒に日常生活を再構築します。
現在の『科学的根拠に基づいたリハ』とは日常生活に必要な「食べる」「歩く」「トイレに行く」「お風呂に入る」「話す」「考える」などの様々な運動を繰り返し行うことと考えています。
患者さまにも、スタッフの皆さんにも『阪神リハを選んでよかった』と思っていただけるように試行錯誤の毎日です。こんな私たちに是非、力を貸してください。


イメージ
事務部長
松本 悦明(まつもと よしあき)

阪神リハビリテーション病院は開設七十年を数える晴風園の歴史、伝統を継ぎ、晴風園の基幹である猪名川町の今井病院が運営する病棟一部の介護療養病床を転換し、同じ医療圏である伊丹市に回復期医療としてリハビリテーションを通じ、患者さま、地域に貢献するため、2018年4月に開設されたぴかぴかの新しい病院です。
ひろく あつく あたたかく の理念の下、回復期リハビリテーション病棟120床、在宅復帰も積極的に取り組む医療療養病棟40床を運営しております。
地域のみなさまのお役に立ち、また、他の医療、介護などの関係者の方々からも厚い信用を得るため、さらに機能的な、魅力的な病院へとなるべく職員一同一致団結の下、日々鋭意、あたらしい病院作りに励んでいます。
これからの将来を見据え、より魅力的な病院であり続けるためには、たくさんの若い力、豊富な経験、能力がまだまだ必要です。
先ずは活気あるスタッフの姿、設備、アメニティなど、院内の様子をお気軽に見学していただきたいとおもいます。そして、いつの日か、阪神リハビリテーション病院でご活躍される日をお待ちしています。


介護老人保健施設 せいふう猪名川外観イメージ介護老人保健施設 せいふう猪名川別ウィンドウで開きます

イメージ
副施設長
荒瀧 眞由美(あらたき まゆみ)

 当施設は、自然豊かな山や川などに囲まれており、四季折々の花や木々、そして季節に合わせて鳥たちのさえずりも聞かれ、心の癒しとなっています。
 このたび、2018年4月1日から施設名を「せいふう」から「せいふう猪名川」へと改名し、80床から120床に増床いたしました。入所者様の平均介護度は3~5と高い傾向になっており、介護療養型の機能を有した老人保健施設として、酸素や喀痰吸引、点滴や尿留置カテーテル管理といった処置を必要とした利用者さまを受け入れています。
 また「入所」や緊急に対応した「ショートステイ」の受け入れ、「通所リハビリ」のサービスのほか「居宅介護支援事業所」「訪問看護」も同建物内に併設しており、施設入所から在宅サービスまでを包括してサービスを提供できるのが魅力です。今井病院とも併設しているため、サービス利用中に万が一入院が必要となった場合でも、併設病院との連携によりすばやく対応が図れる体制を整えております。各事業所合同で新年会や納涼会を開催しており、部署毎での親睦会や、教育研修会、行事、初任者研修なども併設の今井病院と共に取り組んでいます。
 老健に興味をお持ちの方でも、施設勤務が未経験の方でも、安心して働いて頂ける環境を整えてお待ちしております。

ページトップ


小規模介護老人保健施設 ふれあい大島外観イメージ小規模介護老人保健施設 ふれあい大島別ウィンドウで開きます

イメージ
副施設長
藤原 明子(ふじわら あきこ)

 当施設は、猪名川町北部の自然豊かな所に位置し、平成25年4月に兵庫県としては初の「サテライト型」介護老人保健施設として開設されました。
 「地域に根差した施設」をモット-に猪名川町北部および近隣の地域の高齢者への介護サポ-トの充実に少しでも貢献できるように努力をしております。
 入所の定員が29名、通所リハビリの定員が30名と小規模ではありますが、小規模の特性を生かし利用者さまひとりひとりの状態や目標にあわせたケアサ-ビスを医師、看護師、介護支援専門員、介護福祉士、理学療法士、作業療法士などの専門スタッフがチ-ムを組んでサービスを提供しています。
 施設全体の職員数も約35名と小さな施設ではありますが、チ-ムワ-クは抜群に良く毎日やりがいを持って楽しく業務に励んでいます。
 風光明媚な自然の中でふれあい大島の一員として働いてみませんか?
スタッフ一同お待ちしています。

ページトップ


介護老人保健施設 せいふう若葉外観イメージ介護老人保健施設 せいふう若葉別ウィンドウで開きます

イメージ
副施設長
小山 美津子(こやま みつこ)

当施設「介護老人保健施設せいふう若葉」は、2018年4月に猪名川町に設立され3年目を迎える新しい施設です。近隣には猪名川の渓流や桜並木があり、四季折々の豊かな自然に恵まれています。また、高速道路の開通に伴い、神戸や大阪への交通アクセスの良い立地となりました。
入所定員80名、通所定員40名、常勤医師が配置され、看護師配置が厚く、さまざまな職種の専門スタッフが連携し、生活支援、健康管理、機能訓練等に取り組んでいます。
私たちの介護理念は「その人となりを知り、その人の立場で考え、その人に寄り添い、共に笑顔になる介護をします」としており、笑顔と思いやりの心でサービスを提供しております。
また、ボランティアの方々の受け入れや地域の方々とのふれあいを積極的に行い、「地域に根差した施設」を目指し努力をしております。
当施設には20代のスタッフも多く、オープンで活気のある職場です。その現場はSNSで垣間見る事ができます。介護職としての経験を活かし新しい環境で働きたい方、介護職未経験の方、せいふう若葉の一員として、共に笑顔になる介護が提供できるよう是非一緒に働きましょう。

ページトップ


グループホーム せいふう北田原外観イメージグループホーム せいふう北田原別ウィンドウで開きます

イメージ
管理者
福井 誠人(ふくい まさと)

「グループホームせいふう北田原」は、猪名川町の南部に位置し、自然豊かな緑あふれる環境にあります。
認知症によって自立した生活が困難になった方でも、今までの生活スタイルに近い形で、スタッフとともに食事の支度や軽作業、散歩、談話等をしたりしながら、少人数で共同生活を送って頂きます。
認知症の進行を穏やかにし、和やかな生活を送って頂く場所です。 認知症を患っても、笑顔の絶えない日々を過ごして頂けるように、私達スタッフも笑顔を絶やさずお手伝いさせて頂いています。

《基本理念》

・入居者様が人生の先輩である事を忘れずに、1人1人を尊重します。
・入居者様の生きがいを見つけ、その生きがいを大切に毎日を有意義に生活できる場にします。
・個人のできる事を尊重し、その能力を日常生活に生かせる場所にします。
・御家族や地域との絆・ふれあいを大切に、安心して過ごせる場所にします。

《介護理念》

人として尊重し
その人の思いを受け止め
その人の立場に立って
笑顔と心のある介護をします

 家庭的な雰囲気のグループホームで、一緒に働きましょう。お待ちしています。

ページトップ


求人検索

ページトップに戻る